2021年1月22日刊①

1月13日、長沼町で撮影した写真です。 カラス科ミヤマカケスです。 シジュウカラ科ヤマガラです。 アトリ科マヒワです。 1月20日、苫小牧北大研究林で撮影した写真です。 寒いけれどカワセミです。 中央左にカワセミが居ます。 カワアイサです。 …
コメント:11

続きを読むread more

2021年元旦刊

令和3年元旦、あけましておめでとうございます。 1月1日、苫小牧市ウトナイ湖で撮影した写真です。 日の出の様子です。 湖畔に出来ていたフロストフラワーです。 帰り道で まだ眠っているノスリです。 ナナカマドの実を食べるツグミです。
コメント:14

続きを読むread more

2020年12月4日刊①

今回は①だけです。ご了承願います。 11月28日撮影、ツグミです。(長沼町) 12月2日、長都沼で撮影した写真です。 ヒヨドリ科ヒヨドリです。(ナナカマドの実を食べています。) オオハクチョウです。 マガン ハクガンです。 12月2日、ウトナイ湖で撮影した写真…
コメント:28

続きを読むread more

2020年11月27日刊②

 「今年のホワイトイルミネーションは、中止かと思ったけれど、開催されたね。」  「コロナ禍だけれど、ただ静かに見て歩くだけニャラ感染しニャイと思うニャア」  「人込みを避けて、歩く事が大切のようだね。」  「まばらだったけれど、人は出ていたニャア」  「北海道、これから冬の行楽シーズンだけれど、コロナの感染拡大で不調に成るのが…
コメント:28

続きを読むread more

2020年11月27日刊①

 「今年は、ハクガン見る事が出来たね。」  「幼鳥まで連れて来ていて、少しづづだけれど増えてきているみたいだニャア」  「やはりハクガンは、がんの仲間の中でも綺麗な鳥だね。」  「ピンク色の嘴と、先に黒い斑のある白い羽、ニャカニャカ綺麗だニャア」  「幼鳥無事に育つとまた来年も来てくれるから静かに見守りたいね。」  「これでひ…
コメント:20

続きを読むread more

2020年11月20日刊②

 「今週は苫小牧に用事が有ったので、済ませてから北大研究林に寄ってみたよ。」  「紅葉はもう終わりだけれど、幌内川の流れる林は良い雰囲気の場所だニャア。」  「野鳥は定番の留鳥ばかりだけれど、けっこフレンドリーに写真撮らせてくれるね。」  「最後はオンコの実を食べるエゾリス君のサービスも有ってよかったニャア」  「時間は少しだっ…
コメント:30

続きを読むread more

2020年11月20日刊①

 「長都沼は混雑してきたね。」  「入り混じっての群れだから、結構賑やかだニャア」  「人も沢山見学に訪れていて、人も結構多いね。」  「でも屋外だから、人との距離は保てるのでコロナの心配は、ニャイニャア」  「今回珍しいのは、遠かったけれどハイイロチュウヒに出会えたね。」  「ちょっと不思議な姿の鳥だニャア」 …
コメント:24

続きを読むread more

2020年11月13日刊②

 「伊達市も久しぶりだね。」  「有珠善行寺以来だニャア」  「バチラー夫妻記念堂、石造りで丁寧に作られていて良い建物だね。」  「中を見る事が出来ニャかったのが残念だニャア」  「事前に調べておくべきだったね。」  「確かにそうだニャア」  「バチラー博士アイヌ語の研究者だったんだね。」  「きっとアイヌ民族からも慕われ…
コメント:32

続きを読むread more

2020年11月13日刊①

 「野鳥の渡りもう少し続きそうだね。」  「そうだニャア、毎年同じ顔触れだけれど、数だけはたくさん来ているニャア」  「冬鳥のツグミもやって来ているね。」  「もう、冬の準備済ませているから、雪が降っても大丈夫だニャア」  「でも、もう少し、秋を楽しみたい気分だね。」  「確かにそうだニャア」  「今年はホワイトイルミネーシ…
コメント:24

続きを読むread more

2020年11月6日刊②

 「北海道開拓の村、いつもは雪が降ってから訪れているけれど、今年は紅葉の季節だね。」  「この時期だと、紅葉と馬車鉄道が運行されているので良い季節だニャア」  「確かに紅葉の季節も、寒くなってからよりは散策には良い季節だね。」  「馬車鉄道、8人ぐらいしか乗れニャイ客車だけれど良い雰囲気の客車だね。」  「引いている馬は道産子と…
コメント:30

続きを読むread more

2020年11月6日刊①

 「今年も、お馴染みの顔ぶれだね。」  「そう毎年、変わった鳥は、やって来ニャイと思うニャア」  「今年も、シジュウカラガンは見る事が出来たけれどハクガンは、姿を見せないね。」  「やはり減って居るのかニャア」  「シジュウカラガンは、少しづつだけれど増えていると思うよ。」  「まだ、もう少し渡りの季節は続きそうだから探してみ…
コメント:24

続きを読むread more

2020年10月30日刊②

 「今年も函館にやってこれたね。」  「コロニャも大分落ち着いてきて、いろいろな対処しているみたいだニャア」  「今回は、道産子を探しに鹿部町まで足を延ばしてみたけれど簡単には見つからないものだね。」  「送還谷は出会えニャイのかもしれニャイニャア」  「道を横切るように馬糞が落ちていて近くにも新しい馬糞が有ったので辺りを探して…
コメント:30

続きを読むread more

2020年10月30日刊①

 「野鳥の渡りが本格的になて来たね。」  「まだ見ていニャイ鳥もいるけれど、殆ど来ているようだニャア。」  「人から聞いた話だけれど、舞鶴遊水池のタンチョウの子育て一羽だけは育ったようだね。」  「来年も営巣してくれると良いけれどニャア」  「今年子育て無事に終わったから来年もきっと営巣してくれると思うよ。」  「そうだと良い…
コメント:22

続きを読むread more

2020年10月23日刊②

 「ウポポイ、新しく白老にできた、民族共生象徴空間だね。」  「丁寧に装飾された。武器や民族衣装なかなか良かったニャア」  「此処では、アイヌ語が共用語なんだって・・・。」  「三毛にはニャニを言っているのかわからニャイニャア」  「確かにアイヌ語は難しそうだね。」  「この時期にしては、晴れていてもかなり寒かったニャア」 …
コメント:30

続きを読むread more

2020年10月23日刊①

 「ハクチョウ類がやっていているね。」  「ヒシクイの飛ぶ姿も似る事が出来たニャア」  「本格的な渡りのシーズンの始まりだね。」  「カシラダカは遺残より増えているニャア」  「大きな群れを作る事はないと思うけれど、しばらく様子を見る事にするよ。」  「アメリカコハクチョウとコハクチョウの交雑個体が居たニャア」  「幼鳥も今…
コメント:22

続きを読むread more

2020年10月16日刊②

 「久々のあるtアルテピアッツァ美唄だね。」  「此処も散策には良い場所ニャンだけてれど人が少ニャかったニャア」   「紅葉ももう少しだね。」  「もう少し良い天気に恵まれる良かったのだけれどニャア」  「でも、安田侃氏の彫刻はニャんだかわからニャイけれど魅力的だニャア」 10月14日、美唄市で撮影した写真です。 …
コメント:30

続きを読むread more

2020年10月16日刊①

 「やはり渡り鳥の移動が始まっているようだね。」  「今回はカシラダカの移動する群れに出会えたニャア」  「アオジも移動はじめているようだね。」  「地味な鳥だけれど、良く姿を見せてくれる鳥なので鳥の居ないときには助かるニャア」  「今年もお世話に成った鳥だね。」 10月10日、長沼町で撮影した写真です。 …
コメント:22

続きを読むread more