2019年7月19日刊②

 「テオヤンセン展を見てきたよ。」  「ストランドビーストは風を食べて動くんだニャア」  「ペットボトルに満杯になるまで空気をためるには5時間ぐらいかかるらしいよ。」  「展覧会なので、エアーコンプレッサーで空気を入れて動かしているようだニャア」  「それはしょうがないけれどね。とっても複雑な作りだね。」  「構造美とでも言う…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

2019年7月19日刊①

 「今年の千歳市のママチ川のバイカモほとんどダメみたいだね。」  「雑草が生えていたニャア」  「上流の方はまだ残っていたけれど、下流の方は全滅状態だね。」  「きっとどこからか、汚れた水が流れ込んでいるのかもしれニャイニャア」  「水は澄んでいるけれど清流では無いからだね。」  「バイカモの写真、他の場所を探さニャイといけニ…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

2019年7月12日刊②

 「今年も中富良野町のファーム富田は、沢山の観光客が訪れていたね。」  「今年も、朝早く出かけて早く帰って来たんだニャア」  「もう少し写真撮りたかったけれど、混んできたので早々に退出することにしたよ。」  「ラベンダーに、ジョウザンミドリシジミは停まっていたのは、びっくりしたニャア」  「これは確かに意外だったね。」  「ま…
トラックバック:0
コメント:50

続きを読むread more

2019年7月12日刊①

 「野鳥は例年通りコサメビタキ姿を現してくれたね。」  「地味な鳥だけれどくりくり目玉が可愛いニャア」  「写真撮影にも協力的だし、確かに愛らしい野鳥だね。」  「今年も亜麻の季節がやって来たニャア」  「今年の当別町の亜麻は背の低い種だったね。この状態だと亜麻祭りが終わってもしばらく愛でる事が出来そうだね。」  「今年は、適…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

2019年7月5日刊②

 「昨年、栗山町にオオムラサキ館が新たにオープンしていたのは気が付かなかったニャア」  「以前は、ファーブルの森の自然観察飼育舎でオオムラサキが飛んでいたけれど、今回はもっと大きな施設でオオムラサキが飛び続ける姿見る事が出来るようだよ。」  「立派な施設が出来たニャア」  「オオムラサキの他にも栗山町に生息する動物見る事が出来るよ…
トラックバック:0
コメント:37

続きを読むread more

2019年7月5日刊①

 「今年もゼフィルスに出会えたね。」  「昨年より、少し早めなので、翅が綺麗だニャア」  「写真撮れなかったけれど、ウラキンシジミもいたね。」  「今年は、ゼフィルスの収穫期待できるかもしれないニャア」  「目的のアカシジミに出会えると良いのだけれどね。」  「アカシジミは、もう少し後の様な気がするニャア」  「何度か足を運…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

2019年6月28日刊②

 「赤岳のコマクサ平までの登山は疲れたね。」  「初心者向きの様だけれど、結構大変そうだニャア」  「雪渓で滑ったりすると、ずるすると谷底まで落ちて行きそうでちょっと怖いね。」  「でも谷側の景色は遠くまで遮るものが無くて絶景だニャア」  「それにしても赤岳の第一花園とコマクサ平は固有の植物が豊富だね。」  「ウスバキチョウに…
トラックバック:0
コメント:35

続きを読むread more

2019年6月28日刊①

 「久々のチゴハヤブサだね。」  「小さいけれど、精悍だニャア」  「最近は、お馴染みの鳥ばかりだけれど、仕方ないね。」  「何も撮れニャイよりは、いいかニャア」  「今回は、コミスジとチゴハヤブサを撮れたのが救いだと思うよ。」  「そうだニャア、時にはそういう時も有ると思うニャア」  「でももう少し変わった鳥の写真撮りたい…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

2019年6月21日刊②

 「今年も無意根山の登山道にはチシマザサの筍が沢山出ていたね。」  「大収穫だったニャア」  「重たくなってきたので途中で下山したけれどね。」  「まぁ、今年一年分の筍は確保できたからよかったニャア」  「今年の無意根山には、ヒメウスバシロチョウが出ていたね。」  「雪解けも少し早かったようだったニャア」  「壊れかけてた、…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

2019年6月21日刊①

 「雨が適度に降ってくれて、良い具合に晴れてくれるね。」  「野鳥の子育てももうそろそろ、巣立ちを迎えるかもしれないニャア」  「今年も、江別市のノハナショウブの群生地花が咲き始めているね。」  「もう下草刈りも終わり、撮影台のセットも作られていて、準備が整いかけているようだニャア。」  「ニャンと言っても野生のノハナショウブの…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

2019年6月14日刊②

 「久々の有珠善光寺だね。」  「躑躅や牡丹の季節が終わって、お寺の庭にはキバナフジが見ごろを迎えていたね。」  「お花のお寺も、一休みと言ったところかニャア」  「庭には、有珠山の噴火時の大きな岩がゴロゴロしていて、大きな岩に負けずに樹木が成長しているのが凄いね。」  「樹齢もかなりの物が有りそうだニャア」  「野鳥もオオル…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

2019年6月14日刊①

 「躑躅や牡丹のピークが終わって燕子花等のアヤメ類の季節に移りつつあるね。」  「北海道は、過ごし易い日が続いているニャア」  「ノビタキやヨシキリ類はいつも通りに元気だね。」  「もう少し雨が降ってほしいニャア」  「雨が少ないので、かなり乾いた感じだね。」  「水田は水が張ってあるから大丈夫だけれど、畑は乾いた感じだニャア…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

2019年6月7日刊②

 「今週はノビタキばかりだけれど、可愛いから仕方がニャイニャア」  「天候も優れなかったしね。」  「苫小牧は、途中で雨が降り出してきたから、仕方がニャイニャア」  「もう少し、じっくりと撮影することが得来たら良かったけれどね。」  「天候はそんニャに都合良くニャッてくれニャイニャア」  「植物はクリンソウが咲き始めているね。…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

2019年6月7日刊①

 「今年は、昆虫がいまいちだね。」  「今年は、クジャクチョウ見れにゃかったニャア」  「今まで散歩に出かけていた。林の縁の空地に遊歩道が作られて、状態が変わったせいもあるのかもしれないね。」  「今年は『蝶』苦戦するかもしれニャイニャア」  「石狩の海岸までの細い道もブルトーザーみたいなもので広げられていたしね。」  「今年…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

2019年5月31日刊②

 「利尻島は初めてだったニャア」  「期待したコマドリには出会えなかったけれど、姫沼周辺には出没するようだね。」  「やっぱりのんびりカメラを構えて待つしかニャイかもしれニャイニャア」  「コマドリには会えなかったけれど、チュウサギは初めてだったよ。」  「チュウサギはちょっと珍しいニャア」  「後は、リシリヒナゲシやリシリゲ…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

2019年5月31日刊①

 「今回も、あまり珍しい野鳥には出会えなかったね。」  「菜の花畑のコチドリは珍客だニャア」  「近年、田園地帯に良く姿を現すようになったね。」  「近くに寄ってきて、気を引くようなしぐさをしているから、どこかで営巣しているのかもしれニャイニャア」  「コヨシキリとオオヨシキリは、もう煩いぐらい、騒いでいるしね。」  「本当に…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

2019年5月24日刊②

 「薄暗い場所だったけれど、オオルリに出会えたね、」  「オオルリに出会えたとは、運が良かったニャア」  「もう少し明るかったらよかったのだけれど、贅沢は言えないね。」  「札幌西岡公園は久々だったニャア、今の時期フデリンドウが咲いているんだニャア」  「フデリンドウは、小さいけれど、魅力的は植物だね。」  「チゴユリも咲いて…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

2019年5月24日刊①

 「今回も、野鳥は、ほぼ常連さんばかりだね、」  「そうだニャア、ニャカニャカ珍しい野鳥には出会えニャイニャア」  「近くで、営巣をしている野鳥ばかりだと思うよ、」  「そういえば、コヨシキリが囀り始めたニャア」  「もうそろそろオオヨシキリも叫び始めるかもしれないね。」  「草原や河岸は一層賑やかにニャルニャア」  「もう…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

2019年5月17日刊②

 「ライラックの季節に成ったね。」  「だけれど『リラ冷え』にはニャらニャイみたいだニャア」  「こんなに暖かいと、リラの花も早く散ってしまうかもしれないね。」  「リラの花の下での、お花見には良い天気だけれど、日差しが強すぎるニャア」  「三毛も日焼けが心配なんだね。」  「日に焼けて黒猫にはニャりたくニャイニャア」  「…
トラックバック:0
コメント:28

続きを読むread more

2019年5月17日刊①

 「結構暖かい日が続くようになってきたね。」  「日差しも届いて、お昼寝日和の日が続いているニャア」  「やっぱり、昨年この場所で繁殖しただけあって、今年はベニマシコよく見かける事が出来るね。」  「若いカップルも、初々しいニャア」  「今年も無事に、営巣してほしいね。」  「それにしても、今年はクジャクチョウ少ニャイニャア」…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more