週刊藍上雄

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年6月1日刊A

<<   作成日時 : 2018/06/01 22:07   >>

ナイス ブログ気持玉 96 / トラックバック 0 / コメント 10

画像 「スズランが咲始めて、本当に初夏がやって来たね。」
 「日本の野生スズランの群生地、保護されて残っているんだニャア」
 「平取町は初めてだったけれど、アイヌの文化の強く根付いた場所のようだね。」
 「マンロー博士の事も初めて知ったニャア」
 「当時は、アイヌと和人は敵対関係にあったから、アイヌ文化の研究はイギリス人の方が適していたようだけれど、研究の成果は、外国に持って行かれたようだね。」
 「それにしても、アイヌ文化を研究した、イギリス人がいたのは驚きだニャア」
 「今では、きちんと、北海道の考古学整理されてきているから、アイヌ文化も見直されてきているようだよ。」



 5月29日、野幌森林公園で撮影した
写真です。                 ・
画像
 イトトンボ科エゾイトトンボです。

画像
 サナエトンボ科コサナエです。

画像
 トンボ科ヨツボシトンボです。(羽化し
たばかりの個体)            ・

画像
 キツツキ科ヤマゲラです。

 5月30日、平取町で撮影した写真です。
画像

画像
 旧マンロー邸(北海道大学文学部二風
谷研究室)です。(1933年築)     ・

ニール・ゴルドン・マンロー:1905年日本
に帰化した英国人で平取町二風谷でア
イヌの為の診療とアイヌ文化を研究した
博士です。                 ・

 平取町スズラン祭り(スズラン群生地)
撮影した写真です。(びらとりスズラン祭
りは、6月3日までです。)         ・
画像

画像

画像
 ユリ科スズランです。

画像
 イチモンジチョウ亜科コミスジです。

画像
 ジャノメチョウ亜科サトキマダラヒカゲ
です。                    ・

画像
 スズラン群生地の様子です。


 野生のスズラン自生地の様子デジブッ
クに纏めたので時間のある時にでもご覧
下さると幸いです。             ・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 96
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
スズランの群生地、素晴らしいですね〜
君影草という別名がしっくりきますね〜
なんか〜郷愁を感じてしまいました。
生まれ育ったところでは見た事はなかったです。
富士見パノラマのスキー場にも群生地がありました。
旧マンロー邸もザ・北海道って趣です。
エゾイトトンボ・・
なんて!かわいい!
nobara
2018/06/02 09:11
スズラン群生地、素敵ですね。
この花を見ると、いつもなぜか
ロシア民謡を口遊みたくなります。
マンロー博士、アイヌの研究だけでなく、
診療にも尽力されたんですね。
こうしてみると、利害関係のない、
外からの眼差しって大事だなと思います。
yasuhiko
2018/06/02 12:10
 nobaraさんへ
 平取町のスズランは、自生している群生地なので、貴重だと思います。富士見パノラマのスキー場のスズラン群生地は、ドイツスズランの群生地ですね。もっと雑草が多いかと思っていましたが、結構かたまって咲いていました。良かったです。
 北海道も、やっと初夏になったと思います。
 コメントありがとうございます。
藍上雄
2018/06/02 12:22
 yasuhikoさんヘ
 平取町のスズラン群生地、盗掘によって傷ついた自生地を回復に、普段は非公開となっている場所です。これからも、大切に保護してほしいと思います。
 今回、平取町は初めてだったので、時間的な都合が分からず、旧マンロー邸の内部の見学はできませんでした。内部は診療所となっているようです。
 コメントありがとうございます。
 
藍上雄
2018/06/02 12:29
こんにちは!
日本スズランの群生地は素敵ですね。盗掘などよからぬ輩には困りますが、回復した自生地は大切に保護していってほしいです。
旧マンロー邸は趣があって良いですね。アイヌ文化の研究と診療にも貢献された博士のことは初めて知りました。
エゾイトトンボ綺麗ですね。
eko
2018/06/02 16:02
ekoさんへ
スズランの自生地これからも大切に保存してほしいと思います。6月3日を過ぎると、立ち入り禁止になると思います。
マンロー博士のことは、今回初めて平取町を訪れてみて、いろいろ勉強させられした。
コメントありがとうございます。
藍上雄
2018/06/02 16:24
エゾイトトンボ綺麗ですね
すずらんは、とっても可愛いです♪

旧マンロー邸素敵ですね
外国の方がアイヌの研究をされてたんですか
診療をされたり、深く関わっておられたのですね
全然知りませんでした
資料がないのは残念ですね

サトキマダラヒカゲってリスみたいで可愛いです
とまる
2018/06/03 00:45
 とまるさんへ
 スズランが咲いて、北海道にもようやく初夏がやってきました。これからトンボも色々な種が出てくると思います。イトトンボ類は繊細で綺麗な種多いですよ。
 旧マンロー邸の事は、平取町を訪れる事になって、色々調べて初めて知った事ばかりです。
 コメントありがとうございます。
藍上雄
2018/06/03 12:38
神戸市北区の花が「すずらん」なんですよ。
その中心に鈴蘭台駅があります。
旧マンロー邸、住宅兼病院であったこの建物が記念館として保存されているんですね。
何故日本人が、アイヌの事をもっと深く研究しなかったんですかね。
チョット恥ずかしい事です。
野生のスズラン自生地のデジブックを拝見しました。
なんとも愛らしい花で、神戸市北区にもこのような群生地が欲しいと思いました。
アルクノ
2018/06/03 19:49
 アルクノさんヘ
 北海道で自生しているスズランは、神戸では育たないかもしれません。他の所と同じようにドイツスズランを植えた方が良いと思います。
 旧マンロー邸は現在、北大の文学部の研究室となっているので、一般公開はされていません。
 デジブック見て下さりありがとうございます。
 コメントありがとうございます。
藍上雄
2018/06/03 22:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
2018年6月1日刊A 週刊藍上雄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる