週刊藍上雄

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年7月7日刊@

<<   作成日時 : 2017/07/07 22:48   >>

ナイス ブログ気持玉 62 / トラックバック 0 / コメント 6

画像 「暑中お見舞い申し上げます。並びに大雨被害に遭われた、九州の方々に、謹んでお見舞い申す上げます。」
 「とうとう暑中にゃったニャア、被害に遭われた人たちは大変だと思うけれど頑張ってほしいニャア」
 「北海道も、真夏日の日が出てきているから、本当に暑いね。」
 「日差しも段々ときつくニャって来ていて、暑さをしのぐのは大変だニャア」
 「まだ、暑さも始まったばかりだから、これでへこたれている訳にはいかないよ。」
 「そうだニャア、北海道の暑さもこれからが本番ニャンだニャア」



画像
 7月2日撮影、バラ科オニシモツケです。

画像
 7月2日撮影、ユリ科バイケイソウです。

画像
 7月2日撮影、ヒラタアブ亜科オオショ
クガバエです。               ・

画像
 7月2日撮影、ホオジロ科アオジです。

画像
 7月4日撮影、江別市東野幌地区のノ
ハナショウブの群生地です。(見ごろを
迎えています。)              ・

画像

画像
 7月4日撮影、モズ科オオモズだと思い
ます。(長沼町)                ・

画像

画像
 7月4日撮影、ヨシキリ科コヨシキリで
す。(長沼町)               ・

画像
 7月5日撮影、カワトンボ科ニホンカワト
ンボです。(札幌西岡公園)        ・

画像
 7月5日撮影、ライチョウ科エゾライチョ
ウの幼鳥です。(ネットで似た個体の写真
有りました。札幌市定山渓)        ・

 下の写真はネットで見つけたエゾライ
チョウ幼鳥の写真です。(お借りしました
。)                      ・
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 62
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

北海道ももう暑そうですね。
でも朝晩と気温差が大きいんですかね。
体調を崩さないようにしてください。
九州の大雨、大きな被害ですね。
これ以上広がらないことを祈ります。
トトパパ
2017/07/08 10:09
 トトパパさんヘ
 今日(7月8日)は、かなり暑くなってきています。真夏日になると思います。それでも早朝は、肌寒い位なんですよ。
 大きな被害に遭われた九州の方々、大変でしょうね。本当に被害が大きくならないことを祈るのみです。
 コメントありがとうございます。
藍上雄
2017/07/08 12:28
こんにちは!
北海道も先日35℃になっていましたね。こちらより暑かったように記憶しています。
梅雨もまだ明けていないのに毎日異常に暑いです。一方、九州では大雨で甚大な被害が出てしまいました。ほんとにお気の毒です。
ハナショウブの群生見事ですね。
アオジは綺麗な鳥ですね。
エゾライチョウの幼鳥小さな冠が可愛い鳥ですね。鳥もたくさん見られるようになって良いですね。
eko
2017/07/08 16:13
北海道も去年は大きな被害が
ありましたね。日本全体が災害列島に
なってるようで、怖いものを感じます。
それはそうと、ノハナショウブの
群生の素晴らしさ。目が惹きつけられました。
今時のの風景100選に推薦したいと思います。
yasuhiko
2017/07/08 16:33
 ekoさんへ
 昔はもっと広い面積の花菖蒲の群生が有ったとの事です。やはり湿地の乾燥と農地への転用で現在の様な状態になっているとの事です。限られた範囲ですが、下草を取り除いたり毎年手間をかけて、保存している方々の苦労がしのばれます。
 エゾライチョウに出会うのは初めてでした。その幼鳥である事を知るには結構時間が掛かりました。きちんと説明できてよかったと思います。
 コメントありがとうございます。
藍上雄
2017/07/08 18:18
 yasuhikoさんへ
 毎年起こる災害の傷跡が癒えぬまま新たな災害が発生してきます。なんとも言い様の無い事態ですね。
 限られたノハナショウブの群生地ですが、これからも大切に保存活動頑張ってほしいと思います。
 コメントありがとうございます。
藍上雄
2017/07/08 18:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年7月7日刊@ 週刊藍上雄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる