週刊藍上雄

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年5月26日刊A

<<   作成日時 : 2017/05/26 22:06   >>

ナイス ブログ気持玉 90 / トラックバック 0 / コメント 12

画像 「春ももう終わりに近そうだね。」
 「6月からは、夏のテーマになりそうだニャア」
 「北海道でも、藤の花が、満開を迎えそうなんだよ。近場と言うか、ちょっと、行き難い場所に大きな藤棚を見つけたけれど、どうしようかと思っているんだよ、」
 「ニャカニャカ難しい問題だニャア」
 「一度、コンデジ用の水中撮影用の防水ケースも試してみたいのだけれど…。」
 「ニャカニャカ難しい問題だニャア」
 「とりあえず。藤の花は、撮影すべきかもしれニャイと思うニャア」
 「優先順位からいうとそれが正解かもしれないね。」



 5月24日、小樽市芸術の村で撮影し
た写真です。                ・
画像

画像

画像
 ステンドグラスの展示(イギリスの教
会で使われていた物のコレクション)・

画像
 電球の傘"

画像画像
 ガレの作で菊文花器(照明の
変化で違った姿を見せてくれま
す。)                ・

画像
 ガレの作で金魚文小花器

 アールヌーボーのコレクション展示です。

画像
 旧荒田商会(昭和10年木造建て)

 5月24日江別市野幌森林公園で撮
影した写真です。            ・
画像
 キンポウゲ科ルイヨウショウマです。

画像
 カヤツリグサ科オクノカンスゲに訪花し
ているヒラタアブ亜科ホシツヤヒラタアブ
です。                     ・

画像
 コガネムシ科コアオハナムグリです。

画像
 イトトンボ科オオイトトンボ(未熟)です
。(成熟個体とは、かなり違っていますね
。)                       ・       

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 90
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
北海道は6月になると夏バージョンになるのですね。
藤の花がこれからなんて、楽しみィーーですね。
虫さんが好むお花ですね。
近づくと羽音がぶんぶんしています。
コガネムシ科コアオハナムグリの産毛?が
鮮明に見えていますね。
つるりとしてると思ってましたよ。
ルイヨウショウマもかわいいです。
ステンドグラスも素晴らしい☆彡
ガレさんの作品、和風な感じですね。
nobara
2017/05/27 12:34
 nobaraさんへ
 6月からは、夏にする予定ですが、藤の花はまだは春の花なので、難しい所です。
 大きな藤棚のある公園では、かなり満開になっているようで、6月に予定咲いている藤祭りまでもつかどうか心配しているようです。
 アオハナムグリよりも一回り小さい昆虫です。
 ガレの作品は結構沢山有りました。
 コメントありがとうございます。
藍上雄
2017/05/27 13:37
小樽芸術村。素晴らしい
コレクションに驚きました。
ガレのガラス作品が、照明で
がらっと雰囲気を変えるところなど、
とても面白い演出ですね。
yasuhiko
2017/05/27 23:00
 yasuhikoさんヘ
 小樽芸術の村は、9月には旧三井銀行小樽支店の建物を利用して新館をオープンするようです。
 きれいな展示でした。紹介する場所は沢山有りますが小樽にはあまり足を運べないので、少しづつでもやって行きたいと思います。
 コメントありがとうございます。
藍上雄
2017/05/28 08:12
こんにちわ。
憧れの北海道は未だに行けず残念ですが、お写真で拝見し楽しまさせて頂いています。
前回、今日の写真も私にとっては珍しい物ばかりですしステンドグラスもこの様な素晴らしいもの見たことがありません。
どうぞこれからも色々な感動を頂けますようお願いします。楽しみにしております。
ゆらり人
2017/05/28 10:16
 ゆらり人さんへ
 芸術の村は、最近出来たばかりの施設です。小樽は歴史的建造物が多く、それを利用した。店舗や展示施設が沢山有ります。一つづつでも、ゆっくり紹介してゆきたいと思っていますので宜しくお願い致します。
 コメントありがとうございます。
 
藍上雄
2017/05/28 11:30
小樽市芸術の村、なかなかやりますね。
このステンドグラスは、かつて教会で使われていたものを撤去して、美術品として展示しているのですね。
ステンドグラスと言うと、教会とキリスト教がセットで結びつきますが、
神戸元町にある結婚式場、神戸セントモルガン教会ではこのような19世紀に作られたステンドグラスが正面に埋め込まれていて、とても綺麗です。
ステンドグラスと言えば結婚式場となっていくかも知れません。

ガレ作の菊文花器、照明の違いで幻想的になるのは見事デス。
光りを考えて作られたのでしょうか。
エミール・ガレの作品は19世紀末から20世紀初頭にかけて多くが残されていますが、花器や香水瓶が多いです。
箱根山中にある、ポ−ラ美術館にはエミール・ガレの作品が沢山所蔵されていて見事デス。
アルクノ
2017/05/28 15:11
こんにちは!
6月も間近になりました。そちらではこれから藤の花が見られるのですね。
ステンドグラス見事なものですね。
ガレのガラス作品が照明によってがらりと印象が変わるのが面白いです。良いもの見せて頂きました。
eko
2017/05/28 16:52
 アルクノさんヘ
 ステンドグラスもっと沢山有った(祭壇を復元したものまでありました。)のですが、とりあえず、写真3枚だけアップすることにしました。
 アールヌーボーのコレクションは、花器とランプが多く、繊細なガラス作品ばかりです。後家具類も少しありましたよ。9月には新館もオープンするそうです。
 ガレは有名な製作者なので、作品も沢山有りました。
 コメントありがとうございます。
藍上雄
2017/05/28 18:03
 ekoさんへ
 もう6月なんですね。大きな藤棚を見つけたのですが、もうかなり満開のようです。6月の始めに藤祭りを予定しているようなのですが、それまで咲いているかどうか心配しているようです。
 天候が悪い時は、このような室内の特集になりがちです、まぁこれはこれで良かったと思います。
 コメントありがとうございます。
藍上雄
2017/05/28 18:09
  こんにちは。

 見事なステンドグラス!
ガレの作品て、繊細ですね。
自然のくさ花やコガネムシやいとトンボも
きれいですね。
amefurashi 2899
2017/05/31 15:41
 アメフラシ2899さんへ
 小樽芸術の村は、最近出来た施設なので、知らない人が多いと思います。ステンドグラスとアールヌーボーの作品のコレクションなので、一見の価値はあると思います。
 コメントありがとうございます。
藍上雄
2017/05/31 20:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年5月26日刊A 週刊藍上雄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる