週刊藍上雄

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年5月26日刊@

<<   作成日時 : 2017/05/26 22:05   >>

ナイス ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 6

画像 「5月ももう最後になったね。」
 「来週は6月ニャンだニャア」
 「天候に恵まれず、今回のブログは、小樽の特集になったね。」
 「蝶ニャンかは、晴れた日でニャイと、良い成果を期待できニャイからニャア」
 「今年は、まだ、未見の蝶が多いね。」
 「それでも、今年のツバメシジミは、出現早かったニャア」
 「普段は、このくらい早くから出現していて、ただ目にする機会が無いだけかも知れないよ。」
 「そうかもしれニャイニャア」



画像
 5月20日撮影、ホオジロ科アオジです。

画像
 5月20日撮影、アブラナ科ハルザキヤ
マガラシに訪花しているマルハナバチ亜
科ニセハイイロマルハナバチです。   ・

画像
 5月20日撮影、シジミチョウ科ツバメシ
ジミです。                   ・

画像
 5月24日撮影、ニレ科ハルニレやって
来たヒタキ科サメビタキだと思います。(
かなり遠かった…。)            ・

 5月24日、小樽市で撮影した写真です。
画像

画像

画像

画像
 坂牛邸

昭和2年、田上義也氏の設計により坂
牛直太朗氏の邸宅として建てられまし
た。(2枚目の写真は応接間の外観、こ
の建物で坂牛直太朗氏は弁護士として
開業していたとのことです。)      ・

画像

画像

画像
 江口邸

昭和2年、高田治作氏の邸宅として建
てられました。(現在は個人の住居とな
っています。田上義也氏による設計) ・

田上義也氏:(1899ー1991)フランク・ロ
イド・ライト氏の影響を受けた建築家で
す。                     ・、

画像
 バラ科ヤエヤマブキです。

画像
 ユリ科マイヅルゾウです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 52
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

もう5月も終わりますね。。。
本当に月日が経つのが早い。。。
北海道は藤の花の季節ですか。
こちらももう終わりですね。
大阪はもう夏のようですよ。
トトパパ
2017/05/27 10:17
小樽も2度ほど出かけたことがあります。
なんだか、小樽で
マイヅルソウが見られるのが不思議な気がしました。
分布域なんですね〜
上高地や南アルプスで見た印象が強くて。
お花もかわいいけれど花後の実が茶色から赤く変わるさまも興味深いです。
nobara
2017/05/27 12:29
 トトパパさんヘ
 札幌の藤ですが、6月の始めに藤祭りを計画しているそうなのですが、かなり開花が進んでいて、お祭りの頃までもつかどうか心配しているそうです。
 北海道もようやく夏を迎える事が出来そうですが、藤はまだ春の花でしたね。
 コメントありがとうございます。
藍上雄
2017/05/27 13:20
 nobaraさんヘ
 マイヅルソウですが、あちらこちらで見る事が出来ます。(雑草の如く生えています。)
 坂牛邸の庭に植えられているものを撮影してきました。他にも、班入りの蕗とかもありましたが、ヤエヤマブキとマイヅルソウだけのしておきました。
 コメントありがとうございます。
 
 
藍上雄
2017/05/27 13:27
小樽の木造洋風建築を
紹介戴いて有難うございます。
洋風の下見板で、水平線を強調した坂牛邸。
F.L.ライトの影響というか、正に
ライト流の住宅ですね。アメリカ開拓地の
草原の家をイメージしたライトの作風は、
北の大地によく似合うと思いました。
yasuhiko
2017/05/27 22:55
 yasuhikoさんヘ
 坂牛邸ですが、田上義也記念館として内部を見学できるはずだったのですが、この府が、誰も居なかったので、見学できませんでした。内部の調度品など田上氏がデザインした家具なども有るそうです。田上氏のサインが残されているとの事でしたが、確認はできませんでした。
 コメントありがとうございます。
 
藍上雄
2017/05/28 08:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年5月26日刊@ 週刊藍上雄/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる